お問合せ・ご予約はこちら
オンライン問診票はこちら
症例
ブログ

JR総武線両国駅:東口徒歩1分
大江戸線両国駅:A4出口徒歩5分

      お問合せはメールから

info@microendo.jp

診療時間
午前 9:30~13:00
午後 14:30~17:30
完全予約制の不定期診療
診療カレンダーをご確認ください

Doctorbook
歯内療法のNPO法人ECJ
歯内療法に特化したスタディグループPESCJ
上海での出張歯科診療

マイクロスコープmicro scope

マイクロスコープとラバーダム

マイクロスコープ

当医院はカールツァイス社製歯科用マイクロスコープのハイエンドモデルPROergo を使用しております。

<特徴>

・180°可変鏡筒、広視野接眼レンズ
・自然光に近いキセノン照明
・治療中の患者さんのまぶしさを軽減する照明カットフィルター内臓
・接眼レンズと患者さんの口腔の距離が長いため治療や手術がやりやすい。
・ビデオやカメラなど各種映像機器をつけて重くなってもフレームがしっかりしているためレンズがぶれずに的確な治療ができる。

北米の多くの歯内療法専門医はマイクロスコープを使用していますが、日本全国ではまだそこまで普及していないというのが現状です。

歯科医師の肉眼では見えないものが見えるようになり精度の高い治療を行うことができます。


【千円札を拡大した様子】


クリックして拡大してみてください。
桜の花の部分のそれぞれ「二」・「ホ」・「ン」と読めますか?

ラバーダム防湿法

歯に装着するゴムのコートのようなもの。治療中に根管内に細菌が侵入するのを防ぐために非常に重要であります。
また、根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルなどの診療器具の誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

ページのトップに戻る