お問合せ・ご予約はこちら
オンライン問診票はこちら
オンライン紹介状
症例
ブログ

JR総武線両国駅:東口徒歩1分
JR総武線両国駅:西口徒歩3分
(エスカレーター、エレベーターは
西口からご利用できます)
大江戸線両国駅:A4出口徒歩5分

      お問合せはメールから

info@microendo.jp

診療時間
10:00-16:00
完全予約制の不定期診療
診療カレンダーをご確認ください

Doctorbook
歯内療法のNPO法人ECJ
歯内療法に特化したスタディグループPESCJ
上海での出張歯科診療
バンコク歯科相談

カテゴリ: ブログ

GWなのに診療??

今日はGWですが診療しました。最近では珍しい出来事です。というのもGW明けに中国に数日行ってしまうために代わりに診療している状況です。

今日の1人の患者さんは3時間くらい予約を取って一気に治療を進めました。遠方からの患者さんだったのと祝日をたまたま営業したのもあってそのような対応をしましたが、患者さんにとっても治療が早く進みますのでメリットがあることです。ただ、口は疲れると思いますが間で休憩を入れていますので可能な範囲です。

今後もご要望があれば対応していきたいと思います。ただし、キャンセル料もその時間分になってしまうので注意が必要ですが。

 

 

 

AAEへ

私のお世話になっている歯内療法専門医の講師陣とその生徒の歯科医師達は今週からアメリカへ行ってる状況みたいです。今年のAAE(米国歯内療法学会)の大会はボストンらしいです。毎年AAEと絡めてペンシルバニア大学へ行っているようですが、来年はAAEはハワイでやるそうですので私の時はハワイに行ってからペンシルバニア大学へ行く事になると思います。大変だと思いますが楽しみです。

来年はその研修とプレゼンの状況などをご報告できれば良いなあと思っています。

 

IPタイプのレントゲンのデモ

今日は歯科材料のメーカーさんに来院して頂きデジタルレントゲンのデモをしてもらいました。何社か候補があるのですが、あまり余裕もないし費用対効果の良い商品を探しています。

今後ペンシルバニア大学のプログラムに準じたペンエンドスタディクラブインジャパンの1年コースを受講するにあたりレントゲンは必須ですので今回は絶対に導入しなければならない状況です。IPタイプと呼ばれるレントゲンです。今までのレントゲンよりも被爆量は減少しています。他にも色々と改善しておりかなり完成度は高いと言えます。

どちらにしても早めに決めて導入したいです。今はアナログのフィルムでセコセコやっていますので。

ようこそマイクロエンド歯科へ!

 今日は上海の歯科医院でマネージャーをやっている王芙蓉さんが当院に来院されました。写真は王さんに突然入口正面から撮影されたところです。激写!

今後は上海でもマイクロスコープを導入して診療を開始することになります。王さんにもマイクロスコープを用いた歯内療法の実際を見てもらえて良かったと思っています。上海ではちょうど来月からマイクロスコープが納品される予定です。

AAEの会員カードが到着

本日AAE(米国歯内療法学会)の会員カードが届きました。世界で最も高いと言われている北米の歯内療法を学んでいける環境が整ってきています。何とか今後もついていけるように努力しなければならないと気が引き締まる思いです。

とりあえずJOE(Journal of Endodontics)をダウンロードしてみました。会員になるとホームページからダウンロードできるようになります。

 

MTA固っ!

今日、他院にて根管充填されたMTAを除去しました。MTAセメントは硬化すると結構固くなります。今回はそれを懸命に超音波チップを用いて壊して根管内(歯の内部の神経の管)をきれいにしました。

きれいに汚れたMTAセメントを除去することにより、炎症の起炎物質がなくなり症状が落ち着いてくるはずです。早く良くなってくれることをお祈りしています。

歯内療法専門医って?

歯内療法専門医という呼び名は日本では本来認められていない言葉です。広告などにも使用してはならないとなっていて細かくいうと難しい言葉です。

ただ、私は多くの先生方からお世話になっていて歯内療法専門医という言葉には慣れていますし、それを目指そうと思っています。

簡単に言うと専門医ですからそれが専門であるということ。(純粋に歯内療法だけを特化して診療し、多くの歯内療法としての難症例をプロフェッショナルとして結果を出す歯科医師)という概念かと思います。

アメリカでは歯内療法専門医という地位は確立しています。日本は皆が同じように診療していて専門医制度も遅れているのでなかなか普及しませんし、問題が多々あります。何とかすべきだとは思いますがなかなか改革というものは日本の風土では進みませんね。

歯内療法専門医の派遣業務

今日は大きい地震がありましたね。下からドン!と揺れて驚きました。

今晩は東京駅近くのビル(オアゾ)にて歯内療法専門医として診療している歯科医師を私の知っている歯科医院へ派遣する話になり、私が間に入ってお互いの顔合わせをしていました。

一般的には矯正診療などは大学から矯正科の歯科医師が歯科医院に訪問して月一回診療したりしているのが結構前から当たり前になっています。それの歯内療法モデルをNPO法人でスタートし始めました。今回は栃木県への派遣依頼のケースです。

この業務が上手くいくことで栃木県の住民の方が質の高い歯内療法を受ける事が可能になります。今後上手くいくかどうかを様子をみていきたいと思います。そして将来的には歯内療法という科が正しく認知され日本国民の歯ができる限り抜歯にならないで(神経を取らないで)保存される事が達成されることを望みます。

 

母校の図書館に行ったのですが・・・。

今日私は午後からお休みを頂き母校の歯学部の図書館に論文を探しに行きました。理由は受講生8名は分担して5月のペンエンドの初日に論文を集めて持っていく事になっているからです。そして午前の診療を終え大学へ向かいました。はるばる電車とバスを乗り継いで母校に到着したのですが、
何と…図書館が休みでした。
まさに「ショック!」でした。
まあ、久々にバスで母校に行ったので18歳だった学生時代を思い出し「今年一年学生としてやっていく意味を考えた日」になったという意味で良かったかな?と思いました。私は都合良く考えます。何でもポジティブに考えた方が得ですね。

また、一応薬理学に在籍はさせてもらえているので大学の図書館は利用できます。辞めないで良かったとも思えました。
時と場合にもよりますが、辞めないで続ける事も良いですね。
そんな一日でした。

PENN ENDO STUDY CLUB IN JAPAN卒業プレゼン見学二日目

今日は3期生のプレゼン見学二日目でしたが、今度私が受講する4期生受講生8名が全員集合してお互い顔合わせをして挨拶をした状況です。これから一年間このメンバーで歯内療法専門医を目標にやって行く事になります。

英語論文をたくさん読み、プレゼン、実習、などなどアメリカの専門医教育を日本で受講する事ができます。あまりにも大変そうですが何とかこなして実力をつけたいと思います。

次回は5月からスタートする予定です。毎月東京と大阪を交互に行き来します。診療も休みがちになりますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

 

ページのトップに戻る