お問合せ・ご予約はこちら
オンライン問診票はこちら
オンライン紹介状
症例
ブログ

JR総武線両国駅:東口徒歩1分
JR総武線両国駅:西口徒歩3分
(エスカレーター、エレベーターは
西口からご利用できます)
大江戸線両国駅:A4出口徒歩5分

      お問合せはメールから

info@microendo.jp

診療時間
10:00-16:00
完全予約制の不定期診療
診療カレンダーをご確認ください

Doctorbook
歯内療法のNPO法人ECJ
歯内療法に特化したスタディグループPESCJ
上海での出張歯科診療
バンコク歯科相談

メタルコアの除去

いわゆる差し歯は、過去に歯が削ってあり量が少なくなっていて、過去にメタルコアという金属の土台を装着してからクラウンを被せている事が多いです。

一般的には根の治療終了後に歯を削って、メタルコアを印象(型取り)し、仮封(仮に埋める)。次の診療日にコアを装着して、周りを削って被せものを作っていく(仮歯を作ったり、色々です)という感じの流れです。

今でも同様に流れ作業のようにやっている歯科医院も多いかもしれません。ただ、最近はやり方も少し変わってきています。詳しい事は今回は記載しませんが、一般的に根の治療をやり直さなければならない場合(再治療)はメタルコア(金属の土台)を除去する必要があり、この作業が結構大変です。なかなか取れなかったり、歯が折れてしまう場合もあります。マイクロスコープ下で慎重に除去すると結構ダメージが少なく除去できる事が多いです。

今回この記事を書いたのは、かかりつけ歯科医院にて丁寧にメタルコアを除去してくれてしまっていたためです。紹介されてくる場合は普通の仮歯になっていれば大丈夫です。無理に土台を除去しない方が良い事が多いです。幸い今回は何もなかったのですが・・・。再治療の際は、メタルコア(土台)は当院で外しますので宜しくお願いします。

 

ページのトップに戻る